「安倍晋三君にお灸をすえてください」

「安倍晋三君にお灸をすえてください」
市民連合あおもり 世話人 大竹進(整形外科医)

市民連合あおもりは、「立憲3野党と無所属でなんとか1/3以上の議席を確保したい」と活動しています。そのためには議席の倍増が必要です。自公・希望支持者の皆さんの中で「自民の一人勝ちは避けたい」「安倍さんにお灸をすえたい」と思っている方は「比例は立憲三野党へ」お願いします。

「立憲野党の議席倍増なんてできるの?」という人もいますが、日本中で今何かが起こっています。各政党のツイッターのフォロワーは、立憲民主党が18万1千、共産党が3万9千、社民党が2万2千と3野党とも急激に伸びています。若い人たちを中心に何かが起こっていることは確実です。ひょっとしたらひょっとします。あと3日間ですが、立憲3野党へのご支援をよろしくお願い申し上げます。

今回の選挙は、「3極対決」ではなく「2極対決」です。「独裁か民主主義か」が問われています。「友達だけを優遇する」男の独裁者も「排除しリセットが好きな」女の独裁者もいりません。棄権は独裁者への白紙委任状です。投票に行きましょう。比例区では立憲3野党に投票しましょう。

2極対決、もう一つの切り口は「戦争か平和か」です。一夜にして政党ができ、一夜に政党がなくなる異常事態は過去にもありました。「国難突破」「政党の解党」「労働組合の再編」が次々起こったのは今回が初めてではありません。80年前、1937年の日本で「国難突破」という言葉が氾濫していました。政党の解党、労働組合の再編も相次いで起こり「大政翼賛会」が出来上がり、1941年には太平洋戦争へと突入しました。現在の日本は80年前の戦争前夜と酷似しています。「国難突破」「大政翼賛会」という言葉でググってください。そして、歴史に学んで「平和の道」を選んでくださ
い。

まだ迷っている方、迷わせているのは「希望の党」です。「希望の党」を外して選択すれば話は簡単です。市民連合あおもりは「希望の党」は支持しません。
その理由の一つは政党交付金の問題です。前原代表は「政治資金を配ったうえで、政策も決まらない希望の党に合流」しました。有権者・市民から見れば「振り込め詐欺」「やるやる詐欺」です。「資金の山分けと解党」が合法だといわれても納得できません。出どこが私たちの血税です。選挙できっちり市民の底力を示すことを訴えます。棄権しないで投票所に足を運んでください。「希望の党」に入れようか迷っている人は、立憲3野党にお願いいたします。

10.15、16日の応援

15日午前は、立憲民主党の街宣(五所川原、浪岡、弘前)、午後は共産党の街宣@弘前に参加後、社民党の街宣@野辺地町でした。

世話人の大竹進は16日も社民党比例区カーで支持を訴えました。

10.15イトーヨーカドー弘前店前日本共産党街頭演説会「市民連合あおもり」支援演説要旨

10月15日イトーヨーカドー弘前店前で行われた日本共産党街頭演説会における市民連合あおもりの世話人の一人、神田健策の支援演説要旨を掲載します。

 

お寒い中、街頭演説会にお集まりいただき有り難うございます。ただ今、紹介された「市民連合あおもり」世話人の神田と言います。よろしくお願いいたします。

本来なら今頃、衆議院小選挙区旧第4区の補欠選挙が行われる予定でした。この補欠選挙に対し、「津軽9条の会」は8月上旬、民進党、共産党、社民党に対し、野党統一候補の要請を致しました。この背景には、安倍政権発足以来のこの5年間、秘密保護法、集団的自衛権容認と安保法制(=戦争法)、さらに共謀罪の強行制定など、立憲主義・民主主義・平和主義を無視した独裁的政治が続けられていること、さらに「森友・加計疑惑」に象徴される政治の私物化に対し、「アベ政治を許すな」という市民の声をこの津軽から発信しなければと考えました。実際、この三党と市民が中に入り、9月の末には、統一候補が実現できる直前まできていました。そうすれば昨年7月の参議院選挙の再現が可能でした。

こうした中で、9月25日、安倍首相は、「国難突破解散」なるものを記者会見で表明し、先月28日、前代未聞の冒頭解散を行いました。安倍首相を追いつめるチャンスの到来でした。

ところが逆流現象がおこりました。9月27日、希望の党と民進党の合流問題です。希望の党による安保法制の容認と憲法改定を踏み絵とするその手法は、安倍政権となんら変わることがなく、その補完勢力であることは今や明らかになっています。私たちは希望の党を支持することはありません。

一時的な後退はありましたが、民進党から離れた人達が立憲民主党を結成し、今、共産党、社民党とともに、共闘の再構築が始まりつつあります。共産党はこの時、「この二年間の歩みは今後に必ず生きる。一時的な逆流によって後退したとしても市民と野党の共闘にこそ未来がある」と表明し、実際に全289の小選挙区の内、249の選挙区で一本化されました。私は日本共産党がこの一本化のために67の小選挙区で候補者をとり下げて、共闘の旗を守り続ける努力を誠実に続けたことを高く評価します。
今回の野党共闘はかつてのような政党だけが協定を結ぶというものではありません。二年前の安保法制=戦争法反対運動の高まりの中で「市民連合」が発足しました。そして、昨年の参議院議員選挙をはじめ新潟県知事選、仙台市長選など各地の地方選挙において勝利してきました。そこで証明されたのは立憲野党と市民の本格的な共闘が構築されれば「安倍一強体制」を打破する受け皿になり得ることが明らかになったことです。私たちはこの線上に今回の総選挙も闘われるべきと考えています。

しかし、青森にはまだ「立憲野党と市民の共闘」をすすめる「市民連合」ができていませんでした。そこで私たちは今回の選挙の告示日前の8日「市民連合あおもり」を結成しました。今回の総選挙においては立憲三党を支持し、応援しています。この三日間、青森には立憲民主党、社会民主党の比例宣伝カーが入っておりますが、私たちはこれを支援すると同時に今日ここでの共産党の街頭演説においても共産党の支援をすることを決めました。

今、マスコミでは自民党、公明党、希望の党、維新などの改憲勢力が三分の二を占めるかのような報道をしていますが、まだ一週間残されています。自公と補完勢力が多数をとれば来年の通常国会での改憲発議、そして国民投票が実施されかねません。安倍政権は、北朝鮮の核・ミサイル問題を最大限利用して、憲法に自衛隊を明記するほか緊急事態条項を盛り込むなど、「九条加憲」、2020年までの憲法改正施行を当初の方針通り推進する姿勢です。

これに対し、日本共産党は野党と市民の共闘に誠実に推進し、私たちが直面するわが国の本当の「国難」打破を最重視することを鮮明にしていると思います。そういう意味で一貫してブレない政党だと思います。

私たちは安倍首相の改憲の野望を阻止するために今回の選挙において立憲三党を支持し、護憲勢力が当面三分の一以上の議席をとるように支援することを表明します。ともに頑張りましょう。以上(文責・神田健策)

市民連合あおもり 共産・立憲民主の応援でデビュー

市民連合は14日、共産党、立憲民主党のヨーカドー青森店前の街頭演説で応援に
たちました。

日本共産党は午後1時から、市田忠義副委員長を迎えて高橋ちづ子比例候補、赤平ゆうと一区候補の街頭演説。市民連合は、ネーム入り傘とステッカー看板をかざし、小太鼓をたたいて声援。参加者の協力もえて、華やかデビューとなりました。

参加者は「市民連合の選挙グッズは、発想が豊かで、視聴覚に訴える」と好評でした。
市田副委員長と各弁士の気迫の訴えに、聴衆の笑いあり、決意の合いの手で応え、盛り上がっていました。足をとめる買い物客も少なくなく、初めて聞いた人は「戦争と憲法の問題一番大事な選挙だと感じた」とか、「消費増税は仕方ないと思っていたが、消費税に頼らない道があることを知れてよかった」などと感想が寄せられたといいます。

日本共産党 高橋ちづ子さんと日本共産党市田忠義副委員長

市民連合あおもり参加者

立憲民主党比例候補 山崎誠さん

立憲民主党比例候補 山崎誠さんの応援大竹進氏と古村一雄県議

 

市民連合あおもり 10月14、15日の行動予定

10/14の行動予定

13:00~:ヨーカドー青森店 共産党 高橋千鶴子比例候補と市田忠義副委員長の演説の応援
15:00~:ヨーカドー青森店 立憲民主党 山崎誠比例候補の演説の応援

10/15の行動予定

立憲民主党 山崎誠比例候補 応援
10:00~:五所川原エルム
11:00~:いとく浪岡店
12:00~:ヨーカドー弘前店

共産党 高橋千鶴子比例候補、高柳博明小選挙区候補
13:00~:ヨーカドー弘前店

市民連合あおもりの結成と立憲野党を支援する声明

【記事更新履歴】

10/16 記者会見時の写真を掲載しました。

10/8 声明文を掲載しました。

 

来る10月22日、わが国の進路を左右する歴史的な総選挙が行われます。安倍首相は9月25日、「国難突破解散」を記者会見で表明し、同28日に召集した臨時国会では所信表明、野党の代表質問もなしという前代未聞の冒頭解散を行いました。今回の解散は、2012年12月の安倍政権発足以来のこの5年間、特定秘密保護法、集団的自衛権容認と安保法制=戦争法、共謀罪の強行制定など、立憲主義・民主主義・平和主義を無視した独裁的政治が続けられ、さらに「森友・加計疑惑」に象徴される政治の私物化が行なわれていることに対する、「アベ政治を許すな」という多数の国民批判の声に追い込まれたものです。

しかし、安倍政権は、北朝鮮の核・ミサイル問題を最大限利用して、憲法に自衛隊を明記するほか緊急事態条項を盛り込むなど、今年5月3日の憲法記念日に発表した「九条加憲」、2020年までの憲法改正施行を当初の方針通り推進する姿勢です。

こうした情勢のなか、2015年の安保法制=戦争法反対運動の高まりの中で同年12月「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」(通称「市民連合」)が、①安全保障関連法の廃止、②立憲主義の回復、③個人の尊厳を擁護する政治の実現を目指す「市民のプラットフォーム」として発足し、これらを実現するために立憲野党と市民の共闘が進められてきました。具体的には、2016年7月の参議院議員選挙をはじめ新潟県知事選、仙台市長選など各地の地方選挙において勝利してきました。そこで証明されたのは立憲野党と市民の本格的な共闘が構築されれば「安倍一強体制」を打破する受け皿になり得ることが明らかになったことです。私たちはこの線上に今回の総選挙も闘われるべきと考えていました。

しかし、9月28日、希望の党と民進党の合流問題が起こりましたが、希望の党による安保法制の容認と憲法改定を踏み絵とするその手法は、安倍政権となんら変わることがなく、その補完勢力であることが明らかになっています。従って市民連合あおもりは希望の党を支持しません。逆にこの間、営々と積み上げられてきた立憲野党と市民の共闘は崩れることなく、10月3日に設立された立憲民主党と日本共産党、社会民主党との共闘体制はより強固に構築されつつあり、これまで以上に立憲主義回復と憲法九条の改定を許さない運動は全国各地で強化されています。

青森県においては、地域的な運動はあったとはいえ、青森県全体の「市民連合」は結成されておりませんでしたが、現在の重大な情勢を鑑みて、ここに「市民連合あおもり」を結成し、全国の運動に合流することにしました。私たちの当面かかげる政策と闘い方は以下の通りです(全国の市民連合「政策」9月26日付、参照)。

  1. 憲法違反の安保法制を上書きする形で、安倍政権がさらに進めようとしている憲法改正とりわけ第9条改正への反対。
  2. 特定秘密保護法、安保法制、共謀罪法など安倍政権が行った立憲主義に反する諸法律の白紙撤回
  3. 福島第一原発事故の検証のないままの原発再稼働を認めず、新しい日本のエネルギー政策の確立と地域社会再生により、原発ゼロ実現を目指すこと。
  4. 森友学園・加計学園及び南スーダン日報隠蔽の疑惑を徹底究明し、透明性が高く公平な行政を確立すること。
  5. この国のすべての子ども、若者が、健やかに育ち、学び、働くことを可能にするための保育、教育、雇用に関する政策を飛躍的に拡充すること。
  6. 雇用の不安定化と過密労働を促す『働き方改革』に反対し、8時間働けば暮らせる働くルールを実現し、生活を底上げする経済、社会保障政策を確立すること。
  7. LGBTに対する差別解消施策をはじめ、女性に対する雇用差別や賃金格差を撤廃し、選択的夫婦別姓や議員男女同数化を実現すること。

本日立ち上げる「市民連合あおもり」は、私たち青森県民のこれまでの運動を踏まえると、立憲民主党、日本共産党、社会民主党が立憲野党として評価できることから、今回の総選挙においてこの三党を支持し応援するものです。

2017年10月8日

「市民連合あおもり」世話人(あいうえお順)

  • 浅石紘爾(弁護士)
  • 石川隆之(弘前市、薬剤師)
  • 今村修(奏海庵主)
  • 内田弘志(八戸医療生協理事長)
  • 遠藤順子(青森市、医師)
  • 大竹進(弘前市、医師)
  • 葛西聡(弘前市、弁護士)
  • 鎌田廣(浪岡住民)
  • 神田健策(弘前大学名誉教授)
  • 工藤トミエ(弘前市民)
  • 栗橋伸夫(むつ市民)
  • 崎野修(弘前市民)
  • 佐々木紀定(五所川原市、西北五9条の会)
  • 佐藤真由美(弘前市、薬剤師)
  • 髙松利昌(弘前市民オンブズパーソン)
  • 舘田総子(平川市民)
  • 谷崎嘉治(青森市、元高校教員)
  • 津川俊彦(弘前市、薬剤師)
  • 苫米地宣廣(十和田市、元高校教員)
  • 中道雅史(青森市民)
  • 中屋敷泰一(八戸市民)
  • 成田博之(弘前市、歯科医師)
  • 野坂庸子(むつ市民)
  • 藤田せい子(弘前市、 介護支援専門員)
  • 藤森勝彦(浄土真宗大谷派僧侶)
  • 堀幸光(青森市民)
  • 松田耕一郎(市民)
  • 松田左衛子(市民)
  • 村上準一(むつ市、元高校教員)
  • 山下義仁(平川市民)

〔10月8日現在30名〕

連絡先
大竹整形外科 FAX 0172-69-1106
メールアドレス 市民連合あおもり 
ホームページ 市民連合あおもり http://www.shiminrengo-aomori.com/

 

【10/8 記者会見時の写真】